« シュノーケル再び | トップページ | カピンガマランギ村 »

アワックスクール訪問

DSCF0032シュノーケリングから戻ってきて、ヴィレッジホテルで昼食をとる。海外青年協力隊の松本京子隊員が迎えにきてくれて、一緒に昼食をする。
そして、松本京子隊員が先生をしているアワックスクールを訪問した。
DSCF0038この学校も日本語合唱コンクールへ参加するため日本語の歌を練習している。とても上手に歌っている。(タイトルは忘れてしまったが確か中島みゆきの歌だとか)音楽は国境を越えるという言葉を実感する。
DSCF0041その後、日本から贈られたという鍵盤ハーモニカを練習する。楽譜の見方などと一緒に鍵盤の位置などみんな真剣そのもの。授業が終わる時間になってくると、楽器の音のするこの教室の外に子どもたちが集まってくる。みんな楽器に興味があるのだ。しかし、数が限られていて、生徒全員が使うことはできない。今回の物資援助はこの学校に持ってきたものではないが、まだまだ不足であることを知らされた。
授業が終わり外に出てみると、とても暑い太陽が照りつけるなか、バスケットや野球など思い思いにみんなが一緒に遊んでいる。大きな子から小さな子、女の子も男の子もみんな一緒に好きなことを楽しんでいた。日本の小学校は・・・考えさせられる。
≪アワックスクールとはどんなところ?≫
・生徒の人数・・・・240人
・学校の様子
コロニアから約10キロ離れたウー村の学校。開校50年の歴史があり、教員18名、校長、図書館司書で成り立っています。校庭の目の前には海が広がり、振り向けば山がそびえ、自然豊かな環境。今年から新校舎がオープンし、高学年に6,7,8年生がそこで勉強しています。クラスは2人担任制。それぞれの得意科目を分担して教えています。ウー村のカラーは青。なので、生徒たちは毎日青のTシャツを着て学校に来ます。
今、流行っている遊びは野球とバスケットボール。隣の村でのバスケットボール大会に出場するため、毎日休憩時間に練習してます。

|

« シュノーケル再び | トップページ | カピンガマランギ村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66286/3326695

この記事へのトラックバック一覧です: アワックスクール訪問:

« シュノーケル再び | トップページ | カピンガマランギ村 »