« グリンピア牧ノ原 | トップページ | 喫茶 飛行場 »

一番茶と二番茶の境目

200505291051000.jpgこの日行った牧之原はお茶の産地。新茶の摘み取りシーズンに行くと新緑が目に痛いくらい。それを想像して行ったのですが、う~ん緑は緑でも濃い緑色。今の時期は一番茶の摘み取りは終わり、二番茶が出てくるのを待っているところ。
ところで、お茶畑っていうと、かまぼこがいっぱい並んでいるように、上が丸くなっているって思ってませんでしたか?今では違うよう。平らに刈ってあって一枚板に近いような感じ。(もちろんかまぼこのような形のものもありますが)芽は全て上に向いて伸びていくため、かまぼこのような形で木が並んでいると、風があたるところと当たらないところができてしまうからだそうな。

|

« グリンピア牧ノ原 | トップページ | 喫茶 飛行場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66286/4322501

この記事へのトラックバック一覧です: 一番茶と二番茶の境目:

« グリンピア牧ノ原 | トップページ | 喫茶 飛行場 »