まんじうまる、ミクロネシアへ行く

2月、ミクロネシアに行ったときに「まんじう丸」も一緒に行っていたのですが、子どもたちに直接渡す機会がなかった。そこで、直江さんに写真をお願いしておいたのでメールが来た。

0325_027_2_1 0325_029_1_1


=====
今回は、まんじうまるのほうの写真を送らせていただきます。
えりさんに話したかもしれませんが、うちの学校では、防犯と安全のために、学校周りにフェンスを張る予定があります。
その資金集めとして、今いろいろなことを学校全体でやっています。洗車やバザーなどなど。その一環として、私も皆さんからいただいたものを売ることにしました。
皆さんから子どもたちへといただいたものなのはわかっているのですが、物を大事にしない生徒たち。
少しでもお金を払うことで、大切に使ってくれたらと思ったし、その収益は学校のためになるということで、校長と相談して休み時間に売ることにしました。
毎日用意したものはすぐに売り切れてしまって、まんじうまるは初日で完売。
生徒だけでなく、先生たちからも人気で、首から下げた鍵の束と一緒にまんじうまるもぶら下がっている先生がいます。
私もその一人なのですが(笑)
なんでも、「鈴がついているから、鍵をなくさなくてすむ」とのこと。
そして可愛いキャラクターにも惹かれているようです。
子どもたちも、違う色のまんじうまるを見て、好きなのを買っていってくれていました。
どちらかというと、はっきりした配色のものに人気がありましたね。

まんじうまるのほかに、皆さんがくださったもので人気があったのは、
1位 ボールペンとシャープペンのセット(SUZUKIのもの)
2位 トランプ
3位 ヨーヨー

です。
飛行機やシャボン玉は、休み時間に売ると授業中遊ぶ可能性があるので、まだ売っていませんが、こちらも人気出ること間違いなしです。
とにかく、1位のボールペンセットは本当に人気で、子どもたちがどんどん買っていきました。
ポンペイにあまりないカラフルさと、授業で実際に使える実用性がうけたんだと思います。
今のところ、半分くらい売って5000円くらいの売上があります。
フェンスの費用を考えると、この売上はすずめの涙ほどなのかもしれませんが、残り半分も学校のバザーで売っていこうと思います。

ということで。
またメールします。
=====

| | コメント (1) | トラックバック (0)

寒~い、日本へ帰国

DSCF0036早朝の便でグアム島を発って日本へ帰国の日。空港はものすごい人。厳しい出国の審査を受け、出発を待つ。免税店での買い物もここが最後。ちょっとだけお買い物。予定通りに出発して日本へ。。。中部国際空港は相変わらずの人人人。
20度近い気温差にちょっと戸惑いながら元気に帰国しました。
今回の旅は、とても普通では体験できないことを体験させてもらえた旅でした。一緒に行ってくださった皆さん、旅先で出会った皆さん、ありがとうございました。
最後の写真はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グアム島での1日

ミクロネシアからの帰り、グアム島で1日過ごす。
グアム島ではこれといってやりたいこと、行きたいところがあるわけでもなかった。(一応昨晩デューティーフリーでの買い物は済ませたし(*^_^*))
なんとなくすごすのももったいないので、午後からはオプショナルツアーに参加の予定。
午前中は特に予定を入れていなかったので、昨晩見られなかったお店などを見ながら、街中を歩いてみた。まあ日本人の多いこと。

午後からはHISのオプショナルツアーに参加。イルカを見る&シュノーケリング&バナナボートを体験するツアーに参加。
DSCF0015 DSCF0030 DSCF0035

ミクロネシアでのボートと違い、観光船のような感じで乗客も多い。穏やかにすすんでいたが、やはり沖にくるとゆれがすごい。まず最初にイルカウォッチング。見られるかな・・・心配していたが、見ることができた!写真にはうまく納まらなかったが。
その後はバナナボート体験。せっかくなので乗ってみることにする。一番最後のグループに参加。ドキドキハラハラで乗ってみたが、思っていたほどでもなく・・・といってるのもつかの間。私たちが一番波の高いところだったようで、振り落とされそうな気配だった。
シュノーケリングは・・・ポンペイ島の美しさを体験してしまったので幻滅。やはり観光地化してしまっているから珊瑚などもダメになってしまったのでは?

夜は少し豪華にハイアットホテルでディナー。バイキング形式で、もちろんデザートも。(写真撮るのを忘れてしまった。)

明日はもう日本に帰る日。この日の写真は こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミクロネシア ポンペイ またね!

DSCF0002とうとう最後の日が来てしまった。ポンペイ行きの飛行機が飛ばない、人がひとり来ない、荷物が来ない・・・など、びっくりするようなアクシデントから始まったこのミクロネシアへの旅も、今日帰国の日(とはいってもグアム滞在もあるが)
ミクロネシアに行くと決めた時から、言葉や食べ物など心配はありましたが、思っていた以上に日本人と出会うことも多く、楽しい毎日を過ごしました。海外青年協力隊の直江さん、松本さんほかの皆様にもよくしていただいて、いい出会いができました。
DSCF0009みんな空港まで見送りにきてくれた。またいつか会うことを楽しみにした。直江さんの任期が7月ということで、きっと日本で会うことができるだろう。
この旅で体験した出来事は、本当に今まで体験したことが無いことばかりで、なかなか書ききれないが、思い切って来てみてよかったなあと思っています。

グアム行きの飛行機に乗り、途中チューク島で降りる。飛行機から見るチュークの海もとてもきれい。イルカの群れが見えたらしいが、私は気づかなかった。こんなところでシュノーケリングしてみたい。

グアムに入国し、ホテルへ向かう。この日は夕食とデューティーフリーで買い物して休むことに。
この日のほかの写真は こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロニアの町散策

無事セレモニーも終了しました。年末に日本から送った楽器が届かなかったことは残念だったが・・・。
一度ホテルに戻り部屋で休息。やはり暑さにはやられてしまう。
夕方、直江さんがよく行くというリサイクルショップへ行ってみる。洋服が山積み。。。ハワイから送られてくるらしい。Tシャツからスーツ、水着などありとあらゆる衣類が置かれている。ミクロネシアという国でいつ、どこで着るのだろうと思うようなものもある。現地の人が出張などでアメリカや日本に行くときにスーツやコートなどをここで買うらしい。だいたい3ドルから5ドルくらいで買えるとのこと。みんな手に手に気に入ったものを持って買っていたが、私にぴんとくるものが無く、いろいろ見てみるだけだった。

DSCF0001ローカルマーケットにも行ってみる。日本だと水族館とかで目にするような、色がきれいな魚もいっぱい。冷蔵庫とかショーケースとかに入っているわけではなく、普通のクーラーボックスに入っている・・・(^_^;)ちょっと不安かも。

この日の夕食はミクロネシア最後の夕食。直江さんや松本さんおすすめのお店に行こうと思ったのだがやっていないので、ホテルのレストランに。この日が最後なんて・・・。
この日のほかの写真は こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どもたちが披露してくれたダンス

DSCF0098 DSCF0097 DSCF0096

食事を済ませたあと、子どもたちがこれまで練習してきたダンスを披露してくれるということで外に出る。男の子も女の子も目がきらきらしていてとても純粋。このミクロネシアの環境がこんなこどもたちを作るのだろうなと思う。

DSCF0103年齢性別問わずグループになって楽しそうに踊っている子どもたち。踊ることが大好きなこども、楽器を演奏することが大好きなことも。。。それぞれなんだな・・・と思う。皆の前で踊るのは少しはずかしいのか、少し離れた木の下で音楽にあわせて腰をうごかす子どもたちも・・・(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学校の先生方との交流

DSCF0085楽器贈呈セレモニーも無事終了し、記念撮影。子どもたちが皆で声を合わせて元気に楽しそうに歌う姿はとても感動的だった。音楽が人を明るく楽しくさせるのは、どこの国に行っても同じなんだなと感じる。

DSCF0090 DSCF0092 DSCF0093
終了後、学校の先生方と食事をとりながらの交流。先生方がひとりひとり料理を作ってきてくださった。今回のミクロネシア訪問で今回初めて現地の料理をたべた。タロイモやバナナを甘く料理したもの、姿の青い魚のから揚げ(1匹そのまま(^_^;))、直江さんの作った肉じゃがなどなど・・・。大きなケーキのデザートまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミクロネシアの島の子供達へ楽器の物資援助

リサイクル運動市民の会静岡県本部による「ミクロネシアの島の子供達へ楽器の物資援助」。
海外青年協力隊としてポンペイ島の小学校で音楽を教えている直江舞子さんから、支援のお願いのメールが来てから1年ちょっと。今、ここミクロネシアの子どもたちのところに来ている。
セレモニーが行われる前に、ミサが行われた。
DSCF0063そしていよいよ「楽器贈呈セレモニー」が始まる。まず、会代表の山中さん、同行メンバーが紹介される。


DSCF0062そして、この学校の7年生、8年生が一生懸命練習してきた歌「島人ぬ宝」を披露してくれる。BEGIN のこの歌の歌詞も、この島にマッチしていてとてもあたたかい気持ちになった。

DSCF0067DSCF0068DSCF0070

山中さんからの言葉が子どもたちに伝えられる。日本語で話をしたものを直江さんが通訳。一生懸命言葉を聴いている子どもたちの目が印象的でした。
目録と楽器が日本の小学校でいうところのPTA会長に渡される。
(結局、12月24日に日本から船便で発送した楽器は、この日までも届くことはなかった・・・とても残念なことだが、直江さんがいる間には届くことだろう、喜ぶ子どもたちの顔を早くみたい)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セレモニー当日

観光旅行の気分ですごしてきたミクロネシア ポンペイ島での日々。今日がこのツアーの本当の目的「物資援助 受け渡しのセレモニー」の日。午前中のミサからの参加のために学校にむかう。
DSCF0051 DSCF0053しかし・・・時間を聞き間違えてしまい、1時間も早く行ってしまう。そんなに早くてもすることがないので、一度ホテルに戻って休憩することに。
ホテルのお庭でくつろぐ。天気もよく、ソケースロックや空港のあるタカティック島もとてもよく見える。絵葉書で見るような景色。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カピンガマランギ村

DSCF0050今日と明日宿泊するのは、「サウスパークホテル」。ソケースロックの対岸にあり、とても景色のきれいなところにある。まずは荷物を部屋に置いて少し休む。
そして近くのカピンガマランギ村へ。ここのポリネシア系の住民が作るハンディークラフトはお土産として有名。お土産選びに熱中するあまり、雰囲気の写真を撮ることを忘れてしまった。アイボリーナッツという実を彫って作られたペンダントや貝を使ったアクセサリーなどとてもかわいいものがいっぱい。
今日の夕食は「ジョイ・ホテル・レストラン」で。和食も洋食もあるレストランだった。
食事が終わったあとは、注文しておいたお土産の胡椒を受け取りに行き、そのあと胡椒園の市原さんのお宅におじゃまする。自分で育てたパイナップルをはじめ、日本でみかけるものと違うマンゴーなど、いろいろな南国フルーツをご馳走になりながら、お話を聞く。最後には今日本でブームになっている「ノニジュース」をいただいて帰ってきた。日本では7000円くらいするノニジュースだが、ここポンペイではいたるところにノニがなっている。誰も使わないそうだ。味見をと言われたが、口元まで近づけることもできずにギブアップ!
少し疲れがでてきたか、すっかり現地にはまってきてしまったのか、写真を撮ることを忘れがちになってしまった。この日撮った写真はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)